和歌山市を楽しもう

和歌山市のお店や観光スポットを詳しく解説しています。

みどころをおさえて和歌山城観光をもっと楽しもう!

和歌山城は、「日本100名城」にも選ばれる、美しくて歴史あるお城です。

f:id:chihirun376:20190407174512j:plain

和歌山城の変遷

和歌山城は、天正13年(1585年)、紀州を平定した豊臣秀吉が、弟の秀長に築城を命じたことがはじまりです。秀長の家老である、桑山重晴が城代として和歌山城に入りました。
その後、慶長5年(1600年)、「関ヶ原の戦い」で徳川家康に味方した浅野幸長紀伊を拝領し、城を整備しました。城と町の原型は、浅野氏の頃に形成されたものです。

元和5年(1619年)、徳川家康の息子である頼宣が紀伊に入国し、紀州藩55万5千石が成立しました。頼宣は、和歌山城の改修に取りかかり、徳川一門にふさわしい城としました。
紀州徳川家は、尾張・水戸とともに「御三家」と呼ばれ、諸大名の中で別格の扱いを受けました。
江戸幕府8代将軍吉宗と、14代将軍家茂は、紀州徳川家の出身で有名です。

f:id:chihirun376:20190407164547j:plain

「史跡 和歌山城」より引用

f:id:chihirun376:20190407164643j:plain

「史跡 和歌山城」より引用

 

天守

お城といえば、なんといってもいちばんは天守閣です。

和歌山城天守閣は、大天守、小天守、乾櫓、二の門櫓、楠門を多門によって連結させた連立式天守閣です。

昭和10年(1935年)、国宝に指定されますが、昭和20年(1945年)の和歌山大空襲で焼失。現在の天守閣は、昭和33年(1958)に鉄筋コンクリート造で復元されたものです。

 

天守閣に登るには、いくつかのルートがあります。
主に、表坂・裏坂・新裏坂と呼ばれる坂を登る、3つのルートがあります。

どの坂を登るかで、段差や石垣の見え方、観察できる植物などが異なり、違った景色を楽しむことができます。

表坂

f:id:chihirun376:20190409111320j:plain

裏坂

f:id:chihirun376:20190409111401j:plain

新裏坂

f:id:chihirun376:20190409111422j:plain

 

頂上まで登ると、天守閣の入り口が見えてきます。
入り口の前には、ショップがあります。お土産を購入したり、ちょっとひと段落することもできます。

f:id:chihirun376:20190409111517j:plain

f:id:chihirun376:20190409111537j:plain

 

チケット売り場でチケットを購入し、売り場右手の階段をのぼります。
料金は、大人(高校生含) 410円、子供(小中学生) 200円です。このチケットで「わかやま歴史館 歴史展示室」にも、入場することができます。

入城口です。ここでチケットを見せ、いざ入城します。

f:id:chihirun376:20190407165837j:plain

 

 

三宝

f:id:chihirun376:20190407165941j:plain
庭に植えられている、三宝柑の木です。


幕末期に、紀州藩士野中為之助の屋敷にめずらしい果実がなりました。
それを第10代藩主徳川治宝に献上したところ、形状・味ともに優れているとして、治宝が三宝柑と命名しました。

治宝は、三宝柑を非常に珍重し、御留味柑として一般に栽培することを禁止しました。
明治維新以降は、自由に栽培できるようになり、特産物として名声をあげています。

 

 

建物の中に入ります。

f:id:chihirun376:20190407170018j:plain

 

天守閣内展示物

幕星目付次第

f:id:chihirun376:20190407164827j:plain

火縄銃のさまざまな標的の図

火縄銃の標的は「幕」とよばれ、四角の中に「星」とよばれる黒点を描いています。
火縄銃の玉は円弾で、銃身にライフルを施しておらず、長距離の命中率は低いものでした。1町(109m)以上の射撃を「町打」といい、打ち方は流派の秘伝でした。

 

葵紋革製陣羽織

f:id:chihirun376:20190407164935j:plain

藩主が身に付けた革製の陣羽織

戦場などで鎧の上に着て、一目を引くために用いられました。
金糸で紀州徳川家の家紋「丸に三葉葵」が刺繍されていることから、藩主が着用したものと考えられています。

 

14代藩主徳川茂承印 別れの扇子

f:id:chihirun376:20190407165000j:plain

藩を失った藩主の「別れの扇子」

廃藩置県で東京在住を命じられた14代藩主茂承が、別れの記念として藩士に送ったもので、白文方印の「源章茂承」の朱印が押されています。
これは、御徒頭400石の玉川伊右衛門の拝領品です。

 

天守閣最上階からの展望

最上階では、和歌山市のまちを一望することができます。

外に出て、外周をぐるりと1周まわることができます。

f:id:chihirun376:20190407170445j:plain

 

また、和歌山市の偉人・先人の展示もされています。

f:id:chihirun376:20190407165132j:plain

f:id:chihirun376:20190407165200j:plain

 

この他にも天守閣内では、さまざまな展示を楽しむことができます。

 

 

和歌山城への入り口

大手門

f:id:chihirun376:20190409102256j:plain

お城へと入る正門、大手門と一の橋です。

当初は一之橋御門と呼ばれていましたが、寛政8年(1796年)に大手門及び一の橋と改称されました。

明治42年(1909年)に倒壊しましたが、昭和57年(1982年)に再建され、翌年には一の橋も架けかえられました。

 

岡口門

f:id:chihirun376:20190409102340j:plain


築城時は大手門でしたが、途中から搦手門(裏口)となります。

現在の門は元和7年(1621年)、徳川家が建造しました。

岡口門は、空襲でも焼けずに残った旧藩時代の数少ない遺構で、昭和32年(1957年)北側の土塀とともに、重要文化財に指定されました。

 

追廻門

f:id:chihirun376:20190409102406j:plain

馬術を練習する追廻があったことが、名の由来になったといわれています。

岡口門と同様に、襲から焼け残り、当時の姿を今に伝える貴重な遺構となっています。

藩主の居住した二の丸御座の間の南西に位置し、陰陽道の裏鬼門にあたるため、除災のために朱色に塗られたと考えられています。

 

和歌山城公園内の見どころスポット

御橋廊下

f:id:chihirun376:20190409104614j:plain

御橋廊下は、殿様とお付きの人、奥女中が二の丸と西の丸を行き来するためにかけられた、徳川期の橋です。

そのため外から見えないように壁と屋根が設けられ、部屋のような造りになっています。平成18年(2006年)に復元されました。

 

f:id:chihirun376:20190409104636j:plain

実際に、中を渡ることができます。靴を脱いで入ります。

斜めになっていて、歩くのが少し大変でした。

 

西之丸庭園(紅葉渓庭園)

f:id:chihirun376:20190409105622j:plain

西之丸庭園は、紀州徳川家初代藩主頼宣が西之丸御殿に築城したもので、昔から紅葉渓の名で親しまれてきました。

 

f:id:chihirun376:20190409105718j:plain

西之丸庭園は、内堀の一部と虎伏山の山稜地形を巧みに利用した、起伏の変化に富んだ庭です。

3つの滝とその落水を導く渓流、出島と巨大な舟石が浮かぶ池、柳島のある堀池からなり、緑や紫などの紀州の名石で豪快な石組が施されています。

 

鳶魚閣

f:id:chihirun376:20190409105735j:plain

西ノ丸庭園内にある、堀に突出した釣殿風の建物です。

池にたたずむ姿が、優雅で風情を感じます。

 

紅松庵

f:id:chihirun376:20190409102633j:plain

西之丸庭園の中にある茶室で、昭和48年(1973年)和歌山市出身の経済人、松下幸之助の寄贈により、翌年昭和49年に落成しました。紅葉渓の「紅」と、松下氏の「松」から命名されました。

一服460円で、抹茶と和菓子を楽しむことができます。

 

 


一生で一番輝く日にしたい『ブライダルエステ』エルセーヌ

 

 

虎伏像

f:id:chihirun376:20190409102701j:plain

江戸時代、和歌山城は別名「虎伏山竹垣城」と呼ばれていました。これは和歌山城が建つ山が、海上から見ると、虎が伏している姿に見えるからです。現在でも、和歌山城は別名「虎伏城」などと呼ばれています。

この像は、昭和34年(1959年)に建てられた2代目にあたります。初代は銅像だったため、戦時下の昭和17年(1942年)に供出されました。

 

高灯籠

f:id:chihirun376:20190409102718j:plain

文政8年(1823年)に、船の安全を祈願するため、紀州藩代10代藩主徳川治宝が、水圏御用地(現 養翠園)に高灯籠一対を建立しました。この高灯籠はそのうちの片方にあたります。

昭和12年(1937年)、和歌山港灯台が新設され、いつしか忘れされられ長らく畑地に埋もれていたものを、昭和62年(1987年)にこの地に移築復元されました。

 

銀明水

f:id:chihirun376:20190409102735j:plain

和歌山城公園内にある井戸で、天守台地にある「金明水」とともに、日常用水ならびに籠城時の非常用水でした。

現在はふたがされていて、飲めるようにはなっていません。

 

護国神社

f:id:chihirun376:20190409102752j:plain

明治の戊辰戦争以来、国家のため散華され、靖国神社に合祀された和歌山県出身の戦没者を奉慰する神社です。

明治13年(1880年)から明治28年(1895年)までは、和歌山市岡公園で、明治29年(1896年)から昭和11年(1936年)までは和歌山城内砂ノ丸において、和歌山県知事が祭主となり毎年5月5日神式により招魂祭が執行されて来ました。

 

樟守神社

f:id:chihirun376:20190409102803j:plain

樟守神社は、一の橋のくすのきを御神体として祀っています。

くすのきの推定樹齢は、約450年といわれており、城内最大の樹木です。昭和20年(1945年)の和歌山大空襲で損害を受けましたが、樹木医による治療の結果、樹勢が回復し今日にいたっています。

 

階段を登るように見える木

f:id:chihirun376:20190409110659j:plain
f:id:chihirun376:20190409110631j:plain

テレビ朝日ナニコレ珍百景」で、MV珍に選ばれた「階段を登るように見える木」です。
階段の上に立つエノキの根っこの一部が隙間からはみ出し、角度によって階段をよじ登っている人形のように見えるのです。

少し探しましたが、無事発見し、写真に収めることができました!

 

わかやま歴史館

わかやま歴史館は、和歌山城の敷地内にある3階建の建物で、1階は「和歌山市観光土産店センター」「和歌山市観光案内所」、2階が「歴史展示室」、3階が「埋蔵文化財センター」「和歌山市和歌山城整備企画課」になっています。

1階

わかやま歴史館の1階は、向かって右側が「和歌山市観光土産品センター」、左側が「和歌山市観光案内所」になっています。

和歌山市観光センター

和歌山市観光土産品センター」の入り口では、わらびもちやいちご大福が売られていました。いちご大福は、和歌山のいちごを使ったものだそう。

f:id:chihirun376:20190406210916j:plain

 

中に入ると、和歌山の名産品が販売されています。梅干しや醤油、日本酒などの名産品や、お菓子などさまざまなものが並んでいます。
和歌山のお土産を購入するのにちょうどよかったです。

f:id:chihirun376:20190406211051j:plain

f:id:chihirun376:20190406211112j:plain

 

和歌山市観光案内所

和歌山市観光案内所」に入ると、お姉さんがカウンター越しに対応してくれました。

時代衣装のレンタルもしているそうです。
殿様や姫様、忍者など、好みの衣装で和歌山城をまわることができます。

f:id:chihirun376:20190406211200j:plain

 

2階

歴史展示室

わかやま歴史館の2階は、「歴史展示室」になっています。

f:id:chihirun376:20190406211237j:plain

 

 天守閣のチケットに、歴史展示室のチケットもついている形になります。歴史展示室のみの入場は、大人100円(高校生を含む)、小人無料となっています。

 

歴史展示室は、和歌山城の歴史を知ることのできる「和歌山城の歴史文化」の部屋、和歌山市の偉人について展示されている「わかやま人物探訪」と部屋、「シアタールーム」の3部屋からなります。

和歌山城の歴史文化

和歌山城の歴史文化」の部屋では、和歌山城の歴史を出土遺物や絵図、古文書などの展示物を見ながら知ることができます。

一部写真撮影禁止の資料もありましたが、撮影禁止マークのある資料以外は撮影することができます。

 

展示室内

f:id:chihirun376:20190406211437j:plain

展示室内はこのようになっています。

 

和歌山城杉戸

f:id:chihirun376:20190406211503j:plain

和歌山城で使われていた杉戸と伝えられています。表裏には、琴高仙人と卯の花が描かれています。
琴高仙人は、鯉に乗った姿でよく描かれます。鯉の滝のぼりを連想させることから出世を祈る吉祥画としても広まりました。

 

徳川治宝詩画 円窓梅花図

f:id:chihirun376:20190406211533j:plain

紀州藩の10代藩主徳川治宝がかいた、丸い窓から眺めた梅の絵と詩。絵と漢詩が見事に調和し、初春の情景を鮮やかに描き出した作品です。

 

紀州徳川家所用 獅子紐印

f:id:chihirun376:20190406212411j:plain

「紀の国 城下町便り」より引用

江戸時代に紀州徳川家で使用されていた、組み合わせて収納できる黄金色の金属製の印。
「南海之鎮」印面は、11代藩主斉順の書と合致することが確認されています。

 

わかやま人物探訪

「わかやま人物探訪」の部屋では、さまざまな分野の発展に貢献した、近現代の和歌山市の先人のうち、代表する5名「陸奥宗光」「南方熊楠」「川端龍子」「松下幸之助」「有吉佐和子」にスポットをあて、偉業を讃え功績をたどります。さまざまな偉人たちのゆかりの品が展示されています。

f:id:chihirun376:20190406214128j:plain

「史跡 和歌山城」パンフレットより引用

 

陸奥 宗光 (政治家) 日本外交史に名を残す政治家

f:id:chihirun376:20190406211614j:plain

陸奥宗光は、紀州藩勘定奉行寺社奉行である伊達宗広の子。脱藩ののち、坂本龍馬の片腕となります。

農商務大臣をへて外務大臣となり、ギリスとの間に日英通商航海条約を締結。 幕末以来の不平等条約である、治外法権の撤廃に成功しました。

以後、陸奥外務大臣の時代に、不平等条約を結んでいた15ヶ国すべてとの間で条約改正(治外法権の撤廃)を成し遂げました。

また、日清戦争期の外交を推進し、戦勝後は伊藤博文とともに全権として、下関条約を調印し、戦争を日本にとって有利な条件で終結させました。

 

松下 幸之助 (経済人) 家庭生活を快適にした「経営の神様」

f:id:chihirun376:20190406211806j:plain

松下幸之助は、現和歌山市禰宜で誕生。丁稚奉公から身をおこし、松下電気器具製作所(現パナソニック株式会社)を創立して、電気事業界をリードしました。

その優れた手腕は世界的に注目され、経営理念を語る多くの著作があります。また、PHP研究所松下政経塾の設立にもあたり、その思想は政治や芸術、文化など、多方面に及びます。

 

シアタールーム

シアタールームでは、江戸時代後期の和歌山城VR(ヴァーチャル・リアリティー)映像で、見ることができます。
現在では残っていない、本丸御殿や二の丸も、VRによってきれいに再現されていました。
上映時間は、12分です。

 

受付前の休憩スペースのような場所では、「紀州徳川版 石橋」と「和歌山城の四季」の映像を見ることができます。

 

3階は、「埋蔵文化財センター」「和歌山市和歌山城整備企画課」になっているそうですが、普段一般の人は入れないようでした。

 

「わかやま歴史館」ですが、そんなに時間もかからずさらっと見ることができました。
展示物を見ることで理解が深まり、より和歌山観光を楽しむことができます。

 


スカイスキャナーで航空券比較検索

 

和歌山城公園動物園

f:id:chihirun376:20190409181823j:plain

和歌山城の敷地内にある動物園で、ほ乳類20種78点、鳥類25種79点、合計45種157点の動物が飼育されています。(平成31年3月末時点)

入園料は、無料です。そのため、和歌山城に訪れた際は、気軽に動物園の中ものぞいてみることができます。

 

和歌山城公園動物園にいる動物のうち、一部を紹介します。

ツキノワグマ

f:id:chihirun376:20190409182025j:plain
ツキノワグマのベニーちゃんです。

平成27年の「第1回動物園長選挙」で様々な動物の中から多くの票を集め当選し、同園初の「動物の園長」に選ばれました。園の広報物にも登場し活躍している、みんなの人気者です。
胸に三日月の模様があります。

私が訪れたときは、石のかげに隠れ、なかなか顔を見せてくれませんでした…

 

キンケイ

f:id:chihirun376:20190409181754j:plain

中国の岩山や斜面の竹藪に生息しています。日本では、江戸時代から観賞用に飼われていました。

オスはカラフルで、赤と金属光沢のある黄色を基調とした派手な色彩をしています。名前の由来は、オスの冠羽が金色に輝くことからつけられました。
メスは、全身茶色で黒い模様が入っています。

つがいで飼育されていました。

 

紀州犬

f:id:chihirun376:20190409181835j:plain

平成30年(2018年)5月に生まれた紀州犬の姉妹で、名前は「皐月(さつき)」と「絢芽(あやめ)」です。

紀州犬昭和9年(1934年)、天然記念物に指定されました。
体高約50センチの中型犬で、白などの毛にピンと立った耳と尻尾が特徴です。本来は狩猟用に飼われ、飼い主への忠誠心の高さや力強さから、番犬としても重宝されてきましたが、近年は飼う人が減り、種の存続が危ぶまれています。

2匹で仲良くじゃれあい、楽しそうに走りまわっていました。

 

和歌山城公園動物園では、このほかにもたくさんの動物たちが出迎えてくれます。

開園時間は、9:00〜17:00で、毎週火曜日(祝日の場合は直後の平日)が、閉園日となっています。

 

このように和歌山城には、みどころがたくさんあります。

ポイントをおさえて、和歌山城観光を楽しみましょう!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村